PR

2016年4月28日、妻は37歳で永眠いたしました。
本当に沢山の方から応援いただき感謝します。夏にブログ閉鎖予定でしたが、過去の妻の様子や書き込みなどを読みたいので残してほしいと要望を受けましたので、もうしばらくこのブログは残しておきたいと思います。更新はほとんどできないと思いますが…。
妻が書いてくれたブログ集
ブログランキング
↓ポッチと応援お願いします↓
コメントについて
たくさんの応援コメントありがとうございます。コメントは現在公開しておりません。コメントを投稿しても、COMMENT(0)と表示されていますがこちらにはコメントは届いています。しかし返事はできません。ご了承ください。
プロフィール

妻を助けるマン

Author:妻を助けるマン
41歳 会社員
妻(行年37歳 保育士)と
2012年に結婚。

楽天市場
楽天でのお買い物はこちら!

相談センター。

妻がブログを書いてくれました。

-----------以下妻の文です------------

年明けからの職場復帰に向けて、
他の人はどうやって治療と仕事の両立をしているのか話を聞きに、病院内にある『ガン相談センター』へ行ってきました!

医療ソーシャルワーカーさんに話を聞くと、やっぱり職場の理解と協力をどこまでえられるかどうかが重要!

仕事の内容と、治療の方法にもよるけど、首都圏では、治療を夜にやってくれる病院もあるんだって!
少しでも仕事と両立できるように、病院も体制を整えてくれるのは、ありがたいよね!

ただ、田舎じゃまだまだそこまでいってないし、逆にみんなに迷惑をかけてしまっているという罪悪感から、離職してしまう人も多いとのこと…。
その気持ちも良く分かるなぁ(´ω`)

3人に1人がガンになる時代だよ~。
治療の向上も大事だけど、社会に取り残されない制度も考えていかなくちゃダメだよね!!

とりあえず主治医の先生とも相談しながら、少しずつ動き出さなくちゃ!

帰り際に、
『好きな仕事を離れないように私もサポートするので、何でも気軽に相談に来てくださいね!抗がん剤治療も、育児休暇も、介護休暇も大差はないっていう気持ちでやっていきましょう』と言ってもらい、嬉しかったです(^∧^)!

どうなるのか正直わからないけど、悔いのないように、やれることをやってみようと思います!!!!

にほんブログ村 病気ブログ 腹膜播種へ
にほんブログ村

家族。

今日も私が夜勤の為、妻がブログを書いてくれました。

-----------以下妻の文です------------

実家に2泊してきました♪
買い物したり、一緒に料理を作ったり、
親子の時間を楽しんできました!

弟とも電話で長話しちゃった。
なんせ、仲良し姉弟なのでね(^-^)v
でも、性格は真逆だから、
話をしていても、共感するとこは少ないんだけど(笑)

弟:『どう?治療とか病気の恐怖とかはない?』(男前風)
私:『特に恐怖はないよ~!まぁ~やんたけどね~!』
弟:『えっ…。ないのかよ!』

まぁ~こんな感じで、せっかくの雰囲気も台無しなんだけどね(笑)

離れて暮らしている分、ブログを見ながら心配しては、自分まで気持ちが沈んじゃうこともあるみたいで(((^_^;)

でも、それが当たり前だよね。
私が逆の立場だったら、今みたいにどっしり構えてはいられないもの。。

私がこうして明るく病気と向き合えるのも、私の代わりに沈んでくれる家族のお陰だね(*^^*)

気がつけば、旦那様、母、弟は、みんな性格が似てるし!!!(笑)
色々と悩ませちゃってるけど、
今は甘えさせてもらいます(^∧^)

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
このブログは
検索
LINEスタンプ
わたくし、妻を助けるマンが作ったLINEスタンプです。 もしよかったら使ってみてください。
1セット(40個)120円です。
LINE らいおんたろう  http://line.me/S/sticker/1027327
またはスタンプショップで「らいおんたろう」「kikumako」を検索!
妻が監修しました。

関連記事:
LINEクリエイターズスタンプ(2014/11/18)
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PR
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
メールフォーム
問い合わせはこちらまで。
gmail.com ドメインからの着信拒否解除をお願いいたします。返信はできないかもしれません。ご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
トータル閲覧者数: